具体的な権利収入の構築におけるメリット&デメリット

具体的な権利収入の構築におけるメリット&デメリット

恋愛をしていると個人的には権利収入の作業に支障が出そうな気がする。

 

 

難しいけどもね。

 

 

私は学生時代に派遣で様々な仕事を経験させていただきました。普通のバイトではなかなかできないものが多く学生時代のいい思い出の一つにもなっています。
私が利用した派遣はどのようなものだったのか紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

・どんな仕事をしたのか

 

権利収入の一覧

 

 

結局のところも権利収入って一言で言っても沢山の種類があるので、これを参考にしてもらえればいいと思いますね。

 

 

 

 

 

私が登録していた派遣会社はフルキャストという会社で派遣の仕事数も多く毎日仕事の案内が来るので自分が働きたい時にすぐに働けることができるものでした。
仕事内容も工場勤務から接客まで様々なものがあり自分にあった職種を選ぶことができるもので助かりました。

 

 

 

給料も次の日にもらえる即給制度があり今月大変などという時にすぐに働いたお金がもらえるのでありがたいです。

 

 

仕事の案内数とサービスの良さで90点くらいの点数が挙げられるものでした。

 

 

そんなフルキャストの派遣で行った仕事は主に二つです。

 

 

 

一つ目は一日限りや一週間限りの工場勤務の仕事です。遠方で行われることが多かったので交通が不安でしたが送迎もしっかり付いていました。さらに移動中も時給が発生するので良かったです。仕事内容は流れてくるCDをひたすらラッピングしたり商品をリストごとに仕分けする作業です。

 

 

 

ほとんどが単縦作業の繰り返しで同じ作業をずっとしている感じでした。私は繰り返しの作業も好きな方なのであっという間に一日が終わっていきました。給料も日給1万円でしたので一週間で7万円稼ぐことができ夏休み大いに助けてもらいました。

 

 

もう一つはイベントスタッフの仕事です。

 

 

 

こちらは工場勤務とは全く違うもので人と接する場面がとても多いです。私は飲食関係のイベントのスタッフを三日間行ったのですが周りも派遣の人が多く若い人が多い為とても仲良くなりみんなで楽しみながら仕事をすることができました。

 

 

 

あまりにも仲良くなりすぎてイベントが終わったあとみんなで打ち上げに行ったほどです。
こちらも日給1万円で楽しみながら稼ぐことができて大満足でした。

 

 

 

・派遣で働くことのメリット、デメリット

 

 

 

派遣で働くことにはメリットも沢山あります。まず仕事の種類がとても多いことです。派遣会社に登録すると毎日のように仕事案内のメールがきます。一日だけの単発バイトや半年や一年の長期のものもあります。中には長期で契約が終わっても正社員雇用もあるものなどもあるので派遣期間が終わってしまってもそのままそこに就職ということもできる可能性もあります。

 

 

また給料の支払いもほとんどが一週間ごとに行われているのですぐにお金が必要なんて人にもありがたいサービスになっているのです。

 

 

 

逆にデメリットは何かというとまず第一に保険の適用がないということでしょう。派遣の仕事は契約社員ということになりますので保険などの福利厚生がほとんどありません。扶養から外れている人にとっては少し厳しい条件かもしれません。

 

 

 

また長時間の仕事が多いという面もデメリットです。アルバイトのように店長にお願いしてシフトを変えてもらうなどということはなく決められた時間で働くので時間の優遇はありません。また紹介される仕事も朝から晩までの長時間のものが多く空いた時間に少しだけ働きたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

 

 

 

さらに紹介先にもよりますがどうさ派遣だからなどと冷たい扱いを受けることもあるかもしれないのである程度覚悟はしていた方が無難でしょう。

 

 

 

・デメリットもあるが時間がある人にはオススメの派遣の仕事

 

 

 

長期休みで効率良く稼ぎたい学生や時間が空いている人にとって派遣の仕事はとてもオススメです。

 

 

これから派遣での仕事を考えている人は大手の派遣会社に登録する方が良いでしょう。仕事の紹介数もとても多いので自分にあった仕事を見つけることができます。

 

 

また大手の派遣会社の数社に登録しておくというのも良い手かもしれないです。

 

 

 

乳酸菌サプリ

 

 

 

乳酸菌サプリメントになっていく。

 

 

ビフィズス菌も分割で支払っていく。